レッスン案内, ワークショップ, 東京・シリーズ

2021-10-15
(第5380話)東京・シリーズvol.62 7期目・第9回“東京”月例ワークショップ(3)~使い方、あり方による問題解決〜

「快刀乱麻ワークショップ」の詳しい情報は、

コチラへどうぞ

 

月例ワークショップ東京ユニプラ東京ラテン専科東京スタン専科などの詳しい情報は、

コチラへどうぞ

 

月例ワークショップ、リアル・レポート、続きです。

「スリー・アレマーナにおける“問題解決”に向け、
たくさんの“疑問”“質問”が、参加者の皆さんから上がりました」

「ジュンコ先生、アドバイスです。
あぁ!面白い!
一つ一つの“疑問”“質問”に対し、
単なるダンス・テクニックではなく、
どの疑問、質問にも共通に通用する、
カラダの“使い方”や
カラダの“あり方”での“解決”を示されるようです。
これは、ユニバーサル・ダンス教師の方々への
大いなるギフトとなりそうです。
生徒さんから出てくるダンスの疑問、質問に、
ダンステクニックに頼らず、
カラダの“使い方” “あり方”領域で、
答えていけるようになろう・・・というメッセージですね」

「まず『足型以上に、カラダの中は動いている』
これだけ聞くと、意味不明かも知れませんが
ジュンコ先生の“模範”を見ると、一目瞭然。
皆さん、大いに、理解、納得されています。
足型が3歩のフィガーでも、
それはもうたくさんの“動き”が、カラダの中で起こっている。
これは、改めて観察してみると、驚くべき、人体の奇跡です!
カラダの内側には、
外からは見えない動きがたくさんたくさんあって、
うまくつながりあい、
1歩1歩のバランスを生み続けている・・・」

「皆さんの動きが変わりました。
回旋でバランスを失っていた箇所をスムーズにできるようになった方、
お相手とのやりとりが、うまく絡むようになった方・・
素晴らしい!」

「次に、示された
カラダの“使い方”やカラダの“あり方”は『引き込み&ずらし』です。
これは、インナーレッグ『大腰筋』を使用したことによる
自動的に起こってくるカラダの仕組みからの動きだそうです。
ジュンコ先生曰く
『上級者になればなるほど、わざと、引き込んだり、
ずらしたりはしていない。
が、1歩1歩に、引き込み&ずらしがある。
だから、ひっくり返ったりしないし、いつでもバランスよく立てる』

「これも、素晴らしい効果です。
回転するとき、足裏で回っていて、バランスを壊していた方が
カラダの中を引き込み、
ズラすことで、急に綺麗に回れるようになりました。
また、お相手との距離感に悩んでいた方が、
自分のカラダの内側を引き込み、
ズラす事で、最適距離感を生み出すことに成功。
驚かれています」

「手の使い方に対する問題、リード&フォローができない、
うまくカラダのポジショニングができない・・
様々な“疑問”“質問”が、
カラダの使い方、あり方を変えるだけで、
できるようになっていっていく・・・
各々、手応えを感じていらっしゃるようです。
ここで、ジュンコ先生が声をあげます。
『カラダの状態が良くなれば、
多くの問題は、自動的に解決に向かうのです』
そして
『ここまでだけでも、十分、上手くなりました(微笑)
でも、本題は、ここからです。
とっても大事なカラダの“あり方”について伝授します』

続く。

 

ミニ・ミニ ボイス

早起きして、浅草へ。
要件は`
接待・ふるまいとワタシへのギフト。
なんと、マイ・ストレスを解消してくれる、という。
一体、何?
何か、ストレス、あったっけ!?
思い当たらない。

浅草は、明日12日、大阪へ戻る前に、予定していたのだが、
「(明日ではなく)絶対に、今日、行きなさい」
by兄貴
御意。

食事ふるまいは「ペリカン・カフェ」
グーグル・マップで、迷わず、到着。
ヤッタァ!
美味し!!

そのあと、浅草の“仲見世見物”接待・ふるまいを実施。
ICHIKOさん夫妻、大喜び。
と、ここで、突然、ワタシへのギフトが現れた。

ダンスシューズ

背筋「ゾォ〜ッ」
確かに、ストレスになっていたわ・・・
古くなってきて、購入したかったのだが、
店が、ずーっとコロナでお休みだったんだ。

その店は、仲見世にある庶民的な“靴屋サン”
店奥に、ダンスシューズのコーナーがあるんだな。
某ブランドと全くおなじモンが、
ちょっと安い価格で売られている。
「ブランドの人が、偵察に来たこともある」
by店主

肥後橋&神楽坂用に、2足ゲット。
「いつ来ても、お休みだったんで・・・
本当に、ホントーに、うれしい!」
エレナちゃんの喜びまくる姿に、店の方も、大喜び。

「明日も、休みなので・・・今日来てくださって良かったです」

ふ、ふわぁ。

 

 

FavoriteLoadingお気に入りに追加
Comment





Comment