レッスン案内

2019-03-04
(第4424話)マンスリー・ユニプラ・トピックス vol.2 ユニプラ・トピックス 〜ユニプラ・スローNO.2〜

続きまして、
ユニプラ・トピックスです。

ただいま、ユニプラの中で、
ワタシ的に “力”を注いでいるのが、
「ユニプラ・スローNO.2」

フェザー・ステップ リバース・ターン リバースウェーブという
超ベーシックから構成されたミニ・アマルガメーションだ。

コレ、実は
「スロー・フォックストロットという種目の“魅力”を体感しつつ
(スロー・フォックストロットという種目の)
“分かりにくさ”を軽減できれば良いな・・・」
という意図で、
“月例”ワークショップ課題
「スロー・ファンデーション」のスターター用に、
作ったものなのだ。

ところが、実際、ワークショップで起用してみて、
「わぁ!すごくイイや!」
想像以上の成果に驚いたんだ。
「コレを練習するほどに
“ダンス”の基本が身につくぞ・・・」
なぜか?
スロー・フォックストロット自体を学ぶにはもちろんのこと、
スイングやスウェイ・テクニックや、
ウエイト・トランスファー(体重移動)
フレーム・ワーク、そして、
リード&フォローのものすごーく繊細なフィーリングに至るまで、
いろ―んな学びを得ることができから。
「 “ルール”に守られながら、このアマルガメーションを、
繰り返し行うことで、効果はさらに増すだろう」
ってことで、
ユニプラ採用になったのだ。

さて
「ユニプラ・スローNO.2」
体験者の“声”を以下にまとめてみたよ。
練習を積むほどに、
滋味(=深い味わい)なる楽しさや
新しい学びに至ることができる
実例として、
テクニック習得の目安にもなるため、どーぞ。

「スロー・フォックストロットって、
“音楽”の中の揺れをつなぐものなのね」
「スロー・フォックストロットって、
緩やかな“カーブ”の、つながりからできているのですね」
「スロー・フォックストロットって、
スウェイの勉強になりますね」
「ヒールターンのリードって、
上半身と下半身の使い方のズレから生まれるものなのですね」
「ヒールターンのリードって、
アーム使いがポイントなのですね」
「ヒールターンって、
こんなに“楽”で“音楽が聴こえる”モノなのですね」

極め付けはこの“声”かな。
「スロー・フォックストロットって、
こんなに“自由”なのですね!!」

ふわぁ
今回は「ユニプラ・スローNO.2」の
トピックスになっちゃった(苦笑)
3月からは
ユニプラ・ジャイブに、
ちょいと力を注ごうかなって感じだよ。
特に“東京”メンバーは、
「ジルバとジャイブの違い、やっと分かりました(汗)」
という方も多いはず。
基本をしっかりやりながら、
知っておくべきフィガーも伝えて行きます。

最後に、2月のNETは、またまたフラメンコからで
「マノ」を紹介。
マノとは、手の動きだ。
フラメンコ・ダンサー特有の動きながら、
ウチらのラテンダンスのアームアクションの
エクササイズとしてすっごくイイので、
採用したんだ。
しかも!今年は、パソドブレ復活!!だもん。
女性の方は特に“美の表現”として、
身につけておくべきテクだろうね。

以下に、ポイントを挙げておこう。
ただし、ここからは、フラメンコのマノではなく、
ジュンコ・メソッド解釈
「社交ダンス用・マノ」になっちゃいますが・・・(苦笑)
ご了承ください。

1 中指のみを動かし、他の指はついてくるようにする
2 ジャムの底をベロンとなぶるような感じで
3 内回りと外回りを行う
4 手首を内に折る時(掌屈)と外へ折る時(背屈)をクリアにする
5 力まず、呼吸モードで
6 カラダの内側から動かす(カラダの中がうねる感じになる)

腕や指、手首が“不当”に疲れてきたら、
上記5、6ができていない可能性大。
ちなみに私は
ひつこく、細かく、大げさにヤル・・・を心がけてます。

さて、今回は、マノと共に伝授した
手首キュアが大ヒット!
「あれ以来、継続してやってます」という方も多いようだ。
手首は、カラダ使いの
“盲点”でもあるため、詳しいやり方などのついては、
オイオイ、記事でアップしますね。

では
新学期、新生ユニプラに
乞うご期待!

 

ミニ・ミニ ボイス

練習会2日目、終了!

「未知なる領域」は、
チェンジ・ザ・フォーカスから生まれる・・・
そんな体感&予感がいっぱいの練習会だったなぁ。
水曜日からのレッスン、スイッチON となりましたね!
ヤッタァ!
肥後橋も、有意義な時間だったかな。
(ヒデ君、火曜日に“神楽坂”入り。
それから、じっくり報告を聞きま〜す)

練習会にご参加くださった皆さん、
本当に、ホントにありがとうございました。
教師の方々、お疲れ様でした。
内省し、次につないでください。

本日は “おこもり”仕事で〜す。
カラダも休めます。

 

FavoriteLoadingお気に入りに追加
2019-03-04 | Posted in レッスン案内No Comments » 
Comment





Comment