レッスン案内, 東京・シリーズ

2018-11-24
(第4324話)東京・シリーズvol.32 4期目・第9回“東京”月例ワークショップ&ユニプラ&ラテン専科&スタン専科(3)~カジュアル&オーセンティック・スタイルを駆使しながら・・〜

月例ワークショップ東京ユニプラ東京ラテン専科東京スタン専科などの詳しい情報は、

コチラへどうぞ

 

前回の続き。
スタン専科、ラテン専科、ユニプラです。

まず、スタン専科

今回のスタン専科は、
カジュアル・スタイル
オーセンティック・スタイルを組み合わせたレッスンだった。

タンゴ・ウォークは、カジュアル・スタイルで。
コントラ・チェックとアウトサイド・スイブルは
教科書テクニックを、ジュンコ・メソッド的に
オーセンティック・スタイル・レッスンで行ったんだ。

まず、タンゴ・ウォークは
音楽に乗って、カラダの中から、
グゥオーンと脚を長く伸ばすよう指示。

 

ヒデ
「みんなのウォーク、めっちゃ変わったな!
頭、使わんと、カラダを使うって、やっぱ、エエんやなぁ」

 

競技スタイル・タンゴ・ウォークは、
ダンス・テクニック的には“基礎”だけど、
身体操作的には、とんでもなく高度。
だから、オーセンティックにやると、
かえって上手くいかないの。

 

ミキヒコ
「テクニックを意識しないで、
あそこまで、綺麗にウォークができるのに、
驚きました」

 

そうね!
とっつきやすくしているとはいえ、
伝えていることは“本質”だしね。
それに、メンバーの方々のカラダの
能力が上がってきたからねぇ。
今回は、前進を中心にやったので、
次回は、後退ウォークをやるわ。

コントラ・チェックとアウトサイド・スイブルは
体重移動と、背骨の回旋感覚を中心に伝授。

 

ヒデ
「コントラ・チェック、オレ、得意になってきたで。
それに、アウトサイド・スイブルも
“一筆書き”で、エエ感覚をつかんだわ」

 

よかった。
メンバーの皆さんにも
タンゴの魅力、
本当の楽しさを感じていただけたようで、うれしいわ!

 

次は、ラテン専科

今回の、ラテン専科は、
オーセンティック・スタイルで
「フィギュア・エイト」を扱った。
「フィギュア・エイト」とは、
腰で8の字を書くアクションのこと。

 

ヒデ
「高いところで(フィギュア・エイトを)
やるってわかって、衝撃的やった。
それに、中心を通るってことも、すごーい、発見!
みんなも、超・集中状態やったな」

 

そうね。
「フィギュア・エイト」って、
背骨のうねりを使って、骨盤やあばらも
8にうねるから、
エネルギーワークにももってこいなの。

 

ヒデ
「活性は高いままで“上品”で、
ええ感じのチャチャチャになったから、
びっくりした」

 

解放期から集中期へ・・・
次回も、地味だけど効く、
アクション&エクササイズを伝授するわよ。

 

ヒデ
「そーいえば、
バックのロック・ステップが、
あんなに複雑やって、知らんかった」

 

知らないのに、
随分できるようになっているじゃない!?
ロック・アクションも、
背骨やあばらをつかうことができると、
自然にできるようになるわ。
次回も、引き続き、
ロック・アクション練習をするので、お楽しみに!

 

最後は、ユニプラです。

カジュアルの代表「ユニプラ」では
NETでオーセンティック・脱力ワークを
「ブラキエーション」として、紹介。
厳かな曲をバックに、
猿になりきる(!?)面白さが、個人的にも大ウケ。

 

ヒデ
「あれ、ええなぁ。
気にいった!という参加者、多かったと思う。
エクササイズ直後、みんなのカラダの感覚が、
あまりに良くなっているから・・・
ホンマ、驚いた」

 

脱力ワークは、精神的にも変わるかからねぇ。
しかも、
動物のモノマネって、意外に優れものなの。
カラダの潜在能力を引き出しやすい。

 

ミキヒコ
「カウントに合わせないで
自由にやるところも良かったです。
それから・・・
ユニプラ・スローNO.2の時の、
アーム・アクション(!?)
あの指示もエエナァって思いました」

 

(アームは)あばらをスライドするから、
動かしていいという指示ね。
あの後、皆さんの動きがとっても滑らかになったわ。
ほんのチョッとした意識の変化で、
身体全体の感覚が変わるから、面白いものね」

 

ミキヒコ
「今回は、12月1日の“お神楽”を意識した内容で、
沢山踊ったのも、いい感じでした」

 

久しぶりのジャイブ
それに
00プラチャチャチャが楽しかったようね。

 

ヒデ
「練習時間まで、フルに踊っていたなぁ・・・
みんな、すごいなぁ」

 

“東京”ユニプラ、
より一層「良い役割」になってきたわね。
来月は、今年最後のユニプラ!
より一層、楽しみましょうね。

 

ミニ・ミニ ボイス 

“大阪”ワークショップ終了!
ご参加くださった皆さん、ありがとうございました。
盛りだくさん、かつ、高度な内容に、
がんばってついてきてくださいました。

「どこを肘(ひじ)だと認知しているか?」
によって、フレーム操作が変わる
とか、
歩行操作から作るクローズド・ポジション
とか・・
目から鱗もたくさんあったようね。
それにしても・・・
「踊れるカラダづくり」って大事やねぇ。
みんな良いカラダになってきたねぇ。
拍手!

さて、本日
神楽坂スペシャル練習会です。
12月1日の2周年記念パーティ「お神楽」での
サプライズ・ショータイム向けた、スペシャル版です。
担当は、すべてヒデ先生。

踊れるカラダづくり
12:30~13:30(12:00開場)
ラテン・スペシャル
14:00~15:00(13:30開場)
スタン・スペシャル
15:30~16:30(15:00開場)
ラテン・スペシャルでは
ファイヤー・パソドブレ レボリューション・ルンバ
バイラ・サンバ ウォーキング・ルンバ 1Dチャチャチャなど、
スタン・スペシャルでは、
カンタービレ・ワルツ タンゴ・ファンデーション
ピクチャーポーズ・ループ ダリエンソ・タンゴ
スローファンデーション クイックファンデーションなど

みんなでじゃんじゃん、踊りましょう!
一コマだけの参加でも、全然OKです。

肥後橋では、ユニプラだぁ!
ご参加くださる皆さん、ありがとうございます。
バージョンアップ・ユニプラ。
徐々に100プラに要素を乗せていきますね。
よろしく!

 

FavoriteLoadingお気に入りに追加
Comment





Comment