ルンバ, 快刀乱麻クリニック

2016-07-03
(第3449話)快刀乱麻クリニック ダンスの根本的“なぜ?”の解決に迫る ズバリ!ワンピースで踊るには!?(73)~足の結束準備は背骨と胸郭のゆるみ〜 

第30回 読者限定ワークショップの詳しい情報は、

コチラへどうぞ

 

ルンバ・ウォーク紹介
いよいよ、ラストでーす。

前回は「足の結束」のお話、いかがでした?
ルンバ・ウォークのすべてのシーンで、
取り入れるのは難しいだろうから、
まずは、
ディレイト・ウォーク系で、試してみて欲しい。
一人練習では、
スポットターンなんかがオススメだ。
歩順1
フォワード・ウォーク・ターニングのところを、
ディレイトするんだな。
そう、ポイントするところね。
カラダの高いところから、脚を伸ばし、
ポイントすることが大事だよ。

さて、足の結束は、
「綺麗なフットワークでルンバを踊りたい」
ってダンサー諸君には、
チョイとしたお役立ち情報だったかもしれないけれどもね、
これ(結束)って「わざとやるテクニック」ではないから、
難しいんだな。
本来カラダに備わっている機能にフォーカス、拡大し、
より精度を高めつつ、
見た目も美的にしていく・・・という類のモンだから。
まだ「カラダの準備」ができていない間に、
無理やりヤロウとすると、
ものすごく力んでしまうので、要注意だよ。
「痛い!
足がつったぁ」
なぁんてことになっちゃうかもぉ〜。

では、上記「カラダの準備」とは、どんな準備だろう
について、ちょっくらお話しておこう。

フットが結束して美的ワークをする準備は、大きく2つある
1つ目
背骨のユルミだ。
これが進むにつれて、足裏にアーチができるからだ。
つまり、
背骨レベルと足レベルは比例しているってこと。
だから、まずは、背骨のユルミを徹底して欲しいんだ。
これが、
2つ目の準備の準備に(ややこしいな・・・)なる。
言い換えれば、
2つ目は、
背骨のユルミの先に見えてくるものなんだ。
では何か?それは、
胸郭のユルミだ。
胸郭がゆるむと、胸椎が正しい位置に移動し、胸が開く。
骨盤もGOODな位置へと移動する。
すると、
あぁ、なんということでしょう??
フットがすごく使いやすくなるんだな。
足の甲も綺麗になる。

まとめ・・・
「足の骨の結束は、
カラダ全身の骨の結束の証でもある」

んじゃ、ルンバ・ウォーク、一旦、終了!

 

ミニ・ミニ ボイス

10プラ終了!
皆さん、お疲れさまでした。
ありがとうございました。

メニューが多かったにもかかわらず、
10種目すべて、できましたぁ!
スゴイっす!
カラダの切り替えも、意識の切り替えも、
上手くなってきましたね。

つくづく感じたこと・・・
「根本」が軌道に乗ると、ダンスって、
自動的に上手くなってしまうものなんだなぁ。
え?
根本ってナニかって?

「本当の自分に出会っていくこと」

ソンナコンナが、
レッスンの中でナチュラルに導いていけるよう、
ガンバロ。

 

FavoriteLoadingお気に入りに追加
2016-07-03 | Posted in ルンバ, 快刀乱麻クリニックNo Comments » 
Comment





Comment