エッセイ

(第3303話)チョット中休み エッセイvol.125 社交ダンスが上手くなる教室・展望(14)~最期、人のために生きた〜 

前回の続き。 ヒデくんは言う。 「お父さんと、お母さん、ホンマ、 最期に、エエ仕事、しはったなぁ」 ここでの“仕事”とは、 人の役に立つ、使命的な仕事を指す。 上記ヒデくんの言葉を言い換えれば、 「父と母は、最期に、人の …続きを読む

2016-02-08 | Posted in エッセイ1 Comment » 

 

(第3302話)チョット中休み エッセイvol.125 社交ダンスが上手くなる教室・展望(13)~天界の挙式〜 

最期のお別れ ヒデくんが、ワタシの側にやってきて、小声で尋ねた。 「なぁ、これ、 くっつけてもらえるんかなぁ?」 棺桶のことだ。 周りから花を入れやすいように、 やや距離を持って置かれていたのだが、 それをぴったりとくっ …続きを読む

2016-02-07 | Posted in エッセイNo Comments » 

 

(第3301話)チョット中休み エッセイvol.125 社交ダンスが上手くなる教室・展望(12)~死という偉大なメッセージ〜 

告別式 ワタシの涙は途切れることがなかったが、 ココロは満たされていて、 不思議なくらいに、澄んだ状態だった。 式の一部始終を、見届けたい・・・そんな気持ちだった。 目を見開き、耳を澄まし・・全身で感じ続けた。 人の死は …続きを読む

2016-02-06 | Posted in エッセイNo Comments » 

 

(第3300話)チョット中休み エッセイvol.125 社交ダンスが上手くなる教室・展望(11)~皆さんへ、ありがとうございます〜 

エッセイに戻って参りました。 第3296話からの続きです。 告別式 朝の9時半という早い開始にしたのは、 ワタシとヒデくんの都合だった。 昼から大事な仕事を入れていたのだ。 姿勢教室 「社交ダンスは、興味ありませんが、 …続きを読む

2016-02-05 | Posted in エッセイNo Comments » 

 

(第3296話)チョット中休み エッセイvol.125 社交ダンスが上手くなる教室・展望(10)~通夜。2つの遺影〜 

前回の続き。 通夜 斎場に、遺影が2つ。 美しい祭壇 その前には、薄緑色とクリーム色の、 2つの棺桶が置かれている。 並んだ遺影 元気だった頃の、父と母。 懐かしい、会いたかった、顔だ。 たまらなくなった。 ワタシは、ド …続きを読む

2016-02-01 | Posted in エッセイ1 Comment » 

 

(第3295話)チョット中休み エッセイvol.125 社交ダンスが上手くなる教室・展望(9)~おかあさん、ありがとう〜 

前回の続き。 朝、9時頃、 携帯が鳴った。 ヒロコだ。 ケラケラ・・笑い声。 誰かと談笑しているようだ。 な、なに? 「あ、ごめん、ジュンコ?」 いやに、明るい声だ。 「お母さん、アカンねん。 今朝、急に容体が悪くなって …続きを読む

2016-01-31 | Posted in エッセイ1 Comment » 

 

(第3294話)チョット中休み エッセイvol.125 社交ダンスが上手くなる教室・展望(8)~父の死〜 

前回の続き。 朝になっても、ヒデくんからの連絡はなかった。 「お父さん、まだ、保ってるのかな?」 昼のレッスンが始まる直前、携帯が鳴った。 ヒデくんだ。 「今、お父さんが、亡くなった」 ヒデくん、泣いている。 「お母さん …続きを読む

2016-01-30 | Posted in エッセイNo Comments » 

 

(第3293話)チョット中休み エッセイvol.125 社交ダンスが上手くなる教室・展望(7)~認知症の母との対面、最後の時間〜 

前回の続き。 久しぶりに観る、母。 認知症になってから、初めての対面だった。 髪を短く切り、ぽかんとした顔つき。 想像していた通り、もう、母ではない。 別人・・・ が、見ようによっては、 変わっていない風にも見える。 面 …続きを読む

2016-01-29 | Posted in エッセイNo Comments » 

 

(第3292話)チョット中休み エッセイvol.125 社交ダンスが上手くなる教室・展望(6)~奇跡はすでに始まっている!?〜 

前回の続き。 父、危篤。 小康状態のまま、夜が明けた。 午後、父のいる病院へ、 認知症施設にいる母が、緊急入院してきた。 父と同じ、肺炎。 しかも、重篤な状態という。 病院に向かう車中、ヒデくんが、うなる。 「こんなこと …続きを読む

2016-01-28 | Posted in エッセイNo Comments » 

 

(第3291話)チョット中休み エッセイvol.125 社交ダンスが上手くなる教室・展望(5)~息を引き取る前に会いたい人〜 

夜11時過ぎ、ミキヒコ運転でまた病院へ戻った。 ヒロコからは、 「お父さん、小康状態。 このまま、病室に泊まる」 とメールが届いていた。 「ヒロコを少しでも、休ませたい」 そう思った。 静かな病室。 ポコポコポコ・・酸素 …続きを読む

2016-01-27 | Posted in エッセイNo Comments » 

 

22 / 23« 先頭...10...1920212223